私のお約束

私の決意

都議会議員選挙(江戸川選挙区)から立候補しました、原純子です。

私は、発達に障害のある子どもたちの育ち支援など、福祉の仕事を通算25年間続けてきました。

そこで個性豊かな子どもたちと出会い、多くを学びました。

障害のあるなしにかかわらず、その素晴らしい個性を花開かせることのできる社会
若い人が未来に希望をもてる社会を、皆さんといっしょに作りたい。

私の政治への決意です。

河野ゆりえ都議の後継ぎとして働きます

都立江戸川高校の先輩でもある河野ゆりえ都議から、バトンを引き継ぐ決意です。
都民のいのちとくらしを守るため、災害対策、医療と福祉の充実、安心できる子育て、若者支援、活気ある江戸川のまちづくり等、皆様の声を都政に届けられるよう全力でがんばります。

平和な社会を子どもたちに

都民のいのち守るため 五輪よりコロナ対策に全力を

菅自公政権と小池都政は、東京五輪開催を優先し、コロナ対策は後手後手です。日本共産党都議団のさらなる躍進で、いのち・くらし・人権を大切にする新しい政治を、ごいっしょに実現しましょう。

 

東京空襲を体験した母の願いを受け継ぎ、憲法9条を守ります

母は渋谷で空襲にあい、眠る暇もなく看護活動に従事したそうです。戦後、「新憲法発布の喜びを忘れられない」と平和運動に参加した母。憲法の理念実現にむけて私もがんばります。

あなたから始まる優しい都政へ

住民からの相談を「相談シート」にまとめながら聞くスタイルは、社会福祉士の経験から。相談者の困りごとから、今の政治に欠けている点が見えてきて、「福祉を都政の真ん中に」の思いをますます強めています。

1、福祉現場25年の経験生かし、いのちを守る
コロナ封じ込めへ ワクチン接種と大規模な検査を

感染を抑え込む最大のカギは、無症状の感染者を検査で発見、保護すること。共産党都議団は、何度も都に要請し、高齢者施設の検査が月1回から週1回に増えるなど前進させています。

► 希望する都民全員への早期のワクチン接種を推進します。
► 一日20万件以上の大規模な検査を実施します。
► 医療機関・従事者への支援を強化し、コロナ病床を確保します。
► 生活困窮者、ひとり親家庭や学生への支援を強化します。
墨東病院は都立直営で!

 

独立行政法人化は、感染症や災害、難病など不採算部門の医療を切り捨て、入院時の保証金、高額な差額ベッド代など患者負担増に。自民、公明、都民ファは独法化を推進しています。

2、〝子どもをまん中に〟 子育て応援の社会をつくる
35人学級 ただちに小・中全学年で!

  

日本共産党都議団が3月議会で、小3、中2の35人学級をただちに実施するための予算組み換え提案をおこないました。しかし、自民、公明、都民ファが反対し否決しました。

► 「小中学校の給食費」「18歳までの医療費」を無料にします。
► 「私立高校の入学金」の負担軽減をすすめます。
► 特別支援学校を増設します。
► 認可保育園を大幅に増やします。

 

3、災害に強いまち 人権守れる東京へ
► 河川の堤防強化を早期におこなうよう国・都に働きかけます。
► 高齢者・障害者のための福祉避難所を確保します。
► 都営住宅の上層階に避難スペースをつくります。
► 自動起動式防災ラジオの購入補助をすすめます。
ジェンダー平等をすすめ、個人の尊厳を大切にする東京を

原純子は、共産党都のジェンダー平等委員として、「女性の性差別・痴漢被害ゼロ」に向けて取り組んでいます。

► パートナーシップ制度を都として実施します。
► 都として選択的夫婦別姓制度を国に求めます。

羽田新ルート撤回・環境守れ
► 羽田空港新ルートによる都心低空飛行、荒川沿いの飛行は撤回するよう国に求めます。
► CO2削減、プラごみ規制に取り組みます。
► 脱原発、自然再生エネルギーを拡充します。
PAGE TOP